問い合わせ

お問い合わせは、本ページのフォームをご利用下さい。

法人様の場合で、個人事業主を相手に発注が困難な場合には、管理人がスタッフとして登録されていたり、パートナーになっている法人がありますので、そちらを経由した発注もご利用ください。

 


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

ヒロム

野村 様

最近、HPを知りました。
コンサル内容で、

1.オープンCAEを使った解析の受託計算
2.オープンCAEのカスタマイズシステム製作
3.オープンCAEの使い方レッスン

コンサル費用は個別にご相談させていただきますが、1.2. については、
公開可能事例で納期注文なしであれば、無料にて承ります。

とありました。

チュートリアルのSimpleFOAMのMotorBaikeを実施しました。
N-S方程式の解析のため圧力場と速度場しか表示されませんでした。

このチュトリアルで温度場と濃度場も算出・コンター表示される
ファイルが公開可能になれば勉強になります。
速度場は仮想風洞の風上側から20m/sでの解析のようでした。
その上流側より、例えば温度300K、濃度400ppm(CO2)などが
流入した場合の解析とコンター表記が出来ればと考えていました。

「公開可能事例で納期注文なしであれば無料」
ということでしたので要望してみました。

E.Mogura

simpleFoamの計算結果を使って、パッシブスカラーの計算をしてやるのが簡単に出来そうではありますが、定常計算なので、入口条件を規定しただけでは、全領域その値になる・・・という結果にしかなりませんね。
入口とはどこか別の境界条件も規定してやる必要があります。たとえば、バイクの排気管出口での境界条件を規定するなど。どうしましょう?

ヒロム

野村 様

ご回答を頂いておりましたが気付かずに返事が遅れ申し訳ありませんでした。全領域同じ濃度では意味がありませんね。例えばバイクの排気口からベンゼンなどのVOCが数mg/m3排出されているなど、別の境界条件も加えないと思うような結果が得られないということでしょうか。ガス濃度のVOCが排気口からどのように拡散するかという現象が定常計算でも見れると面白いです。速度と圧力の関係からどのようにガス濃度に影響するかというのが見られると勉強になります。温度分布も見れると素晴らしいと感じます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です