DEXCS2016 for OpenFOAM(R) 不具合、更新情報

公開して間もないのですが、早くも不具合情報がいくつか寄せられており、本ページにて対処方法など取り纏めておきます。ここに見当たらない不具合情報があったら、遠慮なくお問い合わせ下さい。本記事に対するコメントで頂けると、記事を書く手間も省けるので、ご協力のほどお願いします。

最終更新は、2016/10/18 5:25

DEXCSランチャーの表示不具合

1

上図にて「DEXCS2015 for OpenFOAM(R) 2015/7」 と表示されている部分、ツール⇒「端末(OF-2.3.x)」と表示されている部分は、単なる表示上の間違いで、内容的には以下のようになっており、また正しくは、

  • 「DEXCS2015 for OpenFOAM(R) 2015/7」⇒「DEXCS2016 for OpenFOAM(R) 2016/8」
  • 「端末(OF-2.3.x)」⇒「端末(OF-4.x)」

と表示されるはずでした。

単に、表示上の不具合で、実害は無いはずです。



【対処方法】

どうしても正しい表示をしたいという方は、

ダウンロードページより更新ファイル(DEXCS2016LauncherFix.zip)をダウンロード)(注:2016/10/17 21:50 以前にダウンロードしたファイルには誤りがあり、うまく更新できなかった方は再度お試し下さい)

解凍すると、dexcs.py , dexcs.mo というファイルが出てくるので、これらを、

  • ~/Desktop/DEXCS/launcherOpen/dexcs.py
  • ~/Desktop/DEXCS/launcherOpen/locale/en_US/LC_MESSAGES/dexcs.mo

に上書き更新して下さい。

TreeFOAM起動時のOpenFOAMヴァージョンチェック

TreeFOAM起動時にOpenFOAMのヴァージョンをチェックしていますが、

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_617

図中、赤枠部で示したように、

OpenFOAM−xxxx

となって、これは正しく認識出来ていないことを表します。

但し、これは形式上の問題で、OpenFOAM-4.xはちゃんと動きますので、ご安心あれ。

今のところ確認されている唯一の問題は、標準チュートリアルケースを使って新規ケースを作成する場合です。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_618

上図ボタンを押して、

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_619

「case取得」ボタンを押せば、

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_620

チュートリアルケースの一覧表が現れるはずですが、上図のようにブランク状態です。OpenFOAMの形式的なヴァージョンを認識出来ていないことが原因。

対処方法

は簡単で、

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_621

「場所を変更する」にチェックマークを入れ、「参照」ボタンを押す。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_622

正しいチュートリルケースの場所(上図参照)を選択して「決定」すれば、

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_623

となって、後は普通に使えるようになります。

二回目以降の起動時には「case取得」ボタンで最初から上図の状態になります。

TreeFOAM英語版の辞書が不完全

ポップアップメニュー表示が、下図の通り。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_624

これはTreeFoamで新しく機能追加した部分で、リリースノートにも記してありました。

新規機能追加は現在も進行中で、辞書やマニュアルの更新は、ある程度まとまった段階でリリース、どうしても後手に回ってしまいます。何せ一人だけのボランティア作業でやっているので、ご理解の程お願いします。

 

CFD

•~/Desktop/DEXCS/launcherOpen/locale/en_US/LC_MESSAGES/dexcs.mo

に上書き更新をしたところ、次のエラーとなります。

: can’t open file ‘/home/custom/Desktop/DEXCS/launcherOpen/090412.jpg’ (error 2: No such file or directory)
: Failed to load image from file “/home/custom/Desktop/DEXCS/launcherOpen/090412.jpg”.

E.Mogura

失礼しました。
更新用ファイルがうまく圧縮できていなかったようです。
再ダウンロードしてやって下さい。解凍すると2つのファイル(dexcs.py, dexcs.mo)が出てくるはずです。
それらを別々に所定の場所で上書き更新して下さい。

sariew8

TreeFoam(DEXCS ver.)に関しての要望とバグ報告。

of3系以降のblockMeshDictの保存先変更にともなう、
十徳ナイフ機能、blockMeshの表示が未対応の件(リンクなどはれば働きます)。

2つめは重大なバグで、おなじくblockMeshの表示で、
メッシュデータが存在する状態から、実行させるとそのデータを
喪失させる重大なバグがある件。  以上です。

E.Mogura

レポート有難うございます。

blockMeshの表示が未対応の件については確認しました。

Desktop/DEXCS/SWAK/pyDexcsSwak.py の247行目,
if not os.path.exists(caseDir + “/constant/polyMesh/blockMeshDict”):
の部分を、
if not os.path.exists(caseDir + “/system/blockMeshDict”):
と変更して下さい。

(まもなく(2016/11/25)実施するオープンCAEシンポジウム2016付帯トレーニングにて使用予定の特別版には反映する予定です。)

2点目のメッシュデータが消失する件は、こちらでも以前から確認しております。
やっていることは、
 paraFoam -block
を実行しているだけです。コマンドを手打ちしても同じ事になるので、そういうものだと思って使っておりましたが、昔からそうだったかどうかは記憶になく、バグかもしれませんが、これを直すのはOpenFOAM本家のお仕事になると思うので悪しからずです。

sariew8

ご回答ありがとうございます。
手前で調べた結果、of24系から現状に変更されているようですね。

pythonは詳しくないのですが、結局、blockMeshDicktがどこにも無いときにだけ
止まるようにすれば、ofの系統に無関係に実行できるのではありませんか?たとえば

if not (os.path.exists(caseDir + “/system/blockMeshDict”) or os.path.exists(caseDir + “/constant/polyMesh/blockMeshDict”)):
ErrorDialog(_(u” blockMeshDict がありません”))

とする方が楽できませんか?

sariew8

of4xのchangeDictionaryの仕様変更(?)にともなうエラーの発生(treefoam)

of4x下で、multiRegionの設定–>現設定を取得・作成の後、
changeDict編集・実行…を押下するとエラーを返します。

どうもof4.xではchangeDictionaryDictの記法が、
of3.0.x以前ではdictionaryReplacement { …. } から記述していたものが、
of4.xでは不要になったことによるものと考えます。
Dict生成後エディターにて該当箇所をコメントアウト、
ターミナルにてchangeDictionaryを実行することで回避できると考えられますが、
treefoamでの処理後ごとにDictの再編集は煩わしいです。

何か良い解決方法はございませんか?

natsuki

apt-get update 等 aptコマンドが使えません。

インストール後に
$ sudo apt-get update
を実行すると

パッケージリストを読み込んでいます… 完了
W: /etc/apt/apt.conf.d/ を読み込むことができません – DirectoryExists (2: そのようなファイルやディレクトリはありません)
W: /etc/apt/sources.list.d/ を読み込むことができません – DirectoryExists (2: そのようなファイルやディレクトリはありません)
W: /etc/apt/sources.list を読み込むことができません – RealFileExists (2: そのようなファイルやディレクトリはありません)

となってしまいます。
vmwareやvirtual boxで確認しています。

E.Mogura

以下のようにして実行してみて下さい。

$ ls /etc/apt/ -l
合計 52
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 11 2016 apt.conf.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 10月 9 2016 preferences.d
-rw-r–r– 1 root root 90 8月 24 2016 sources.list
drwxr-xr-x 2 root root 4096 8月 25 2016 sources.list.d
-rw-r–r– 1 root root 14863 8月 25 2016 trusted.gpg
drwxr-xr-x 2 root root 4096 4月 14 2016 trusted.gpg.d
-rw-r–r– 1 root root 14491 7月 28 2016 trusted.gpg~

同じような出力が得られますか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です