OpenFOAM/tutorials/Allrun

表題のAllrunシリーズもすっかり定番となってしまいましたが、たくさんあって情報が散逸しかかっているので、ここに改めてこれまで実施したもの(データとまとめ資料)の所在を整理しておきます。



 

(以下、2018年10月1日追記)

OpenFOAM-v-1806

(以下、2018年3月27日追記)

OpenFOAM-v-1712

 

(以下、2017年11月18日追記)

OpenFOAM-5.0

OpenFOAM-v1706

 


(以下、2017年5月5日追記)

OpenFOAM-v1612+

上記pdf資料では動かないアニメーションgifファイルを以下に添付しておきます。

「what's next」の画像検索結果

(以下、2017年1月15日追記)

OpenFOAM-v4.1

(以下、2016年12月7日追記)

OpenFOAM-v1606+

 

(以下、2016年9月20日追記)

OpenFOAM-v4.0

 

(以下、2016年4月19日追記)

OpenFOAM-v3.0+ vs 3.0.1

(元記事)

OpenFOAM-3.0.0(x) vs 2.4.0

foam-ext-3.2 vs ext-3.0

OpenFOAM-2.4.0 vs 2.3.1

OpenFOAM-2.3.1 vs 2.3.0

OpenFOAM-2.3.0(x) vs 2.2.x

OpenFOAM-2.2.x vs ext-3.0

なお、今回の実施例、OpenFOAM-3.0.0(x)では、3.0.0がリリースされた直後の3.0.x(リポジトリ版)を使ったのですが、3.0.0はメジャーヴァージョンの変更で、何かと問題があったようで、リリース直後から改変に次ぐ改変が行われていたたようです。

今回採用したレポジトリ版は、たまたま大きなバグを内包していたようで、正規版による再計算を余儀なくされることとなり、教訓はレポジトリ版での実施はやらないほうが良いということでした。

一方、上述のように3.0.0は何かと問題があり、早くも3.0.1がリリースされ、リリースノートにも、

strongly recommend users of v3.0.0 upgrade to this version;

とありました。

(以下、2016年2月8日追記)

ということで、3.0.1の結果は以下です。

OpenFOAM-3.0.1 vs 3.0.0 (+ 2.4.0)

上記資料中にも記してありますが、お次は、

OpenFOAM-v3.0+ が、

「coming soon」の画像検索結果

です。

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください