FreeCADとcfMesh用マクロの使い方

先の記事に書いた通り、ただいまDEXCS2015 for OpenFOAM(R) の動画チュートリアルを作成中ですが、その一部は単独でそのまま表題の説明用途にも使えるわなぁ・・・と改めて気付いたので、本記事にて紹介しておきます。

FreeCADの基本的な使い方

範囲を選択_987

DEXCSでは、複雑な形状作成はユーザーが使い慣れた3D-CAD(もちろん頑張ればDEXCSに搭載のFreeCADやBlenderでも可能です!)で作成してもらうとして、これをstepまたはstl形式でFreeCADにインポートして使ってもらう事を想定しています。

その際に、FreeCADに標準搭載のプリミティブ要素(直方体や円柱など)を使って、領域を追加で定義したり、解析用の境界面を定義するのに、面の分割や再結合の操作が必要になりますが、これらの操作方法を具体例で確認することが出来ます。

⇒ チュートリアルを見る

 

cfMesh用マクロの使い方と機能の概要説明

範囲を選択_988

上述の方法で、FreeCADのソリッドモデルで解析空間を定義できるようになれば、DEXCSに搭載のFreeCAD用マクロ(makeCfMeshSetting.py)を使って、cfMesh用に境界面の定義や分割方法を指定する為の設定ファイル(meshDict)を自動作成できます。

このチュートリアルでは、マクロで起動される表形式のGUIの使い方と、実際に作成したmeshDictを対比させながらmeshDictファイルのパラメタの意味を解説するとともに、GUIでは指定しなかった、または指定出来ないパラメタを手修正で追加する方法についても解説しています。

⇒ チュートリアルを見る

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください