DEXCS2021 for OpenFOAM(R) リリースノート

ダウンロードはこちら(2021/10/〜)



DEXCS for OpenFOAM(R) は、OpenFOAMと、これをより簡単・高度に活用できるようにする為の様々なツールをすべてインストール済のオール・イン・ワンパッケージで、誰でも(と言ってもCAEに無縁の人は対象外ですが・・・)簡単・即使えるようにしたマシンイメージ(isoファイル)です。

詳しくはこちら

DEXCSランチャーのヘルプメニューからも参照できます

DEXCS2021では、

  • ベースOSはubuntu-20.04.2 (LTS)
  • OpenFOAMやその他の組み込みツールのヴァージョンアップに対応
    • OpenFOAM-v2106(パッケージインストール版)
    • ParaView-5.9.1(バイナリー版)

(cfMeshはOpenFOAM-v1712以降、modules としてOpenFOAM本体に組み込まれています)

  • ここまでは通常の毎年更新作業ですが、DEXCS2021からはDEXCSランチャーのうちcfMesh作成用マクロとソルバー実行部分は従来通り使うこともできますが、新たにDEXCSワークベンチで実行できるようになり、これを使えば以下のメリットがあります。
    • cfMesh設定の詳細オプション設定もGUIで出来るようになる
    • cfMeshの設定パラメタがFreeCADのモデルファイル情報として保存される
    • ポスト処理の手順が簡単になる
  • DEXCSツールバーも一部変更しています(下図)
    • plotWatcherの起動 はFreeCADの Plotワークベンチを使用する方法に変更しました、自動更新はされませんが、DEXCSワークベンチからソルバー実行すれば、初期残渣グラフが表示され、自動更新されます。
    • postProcessingフォルダ中のファイルの可視化が、これまでのJGPに替えてPlotワークベンチを使用するマクロに変更した事で格段に使い勝手も見栄えも良くなっています。
    • OpenFOAM専用端末の起動ボタンも追加しました。
  • pyFoam は、OpenFOAM-v2106への対応はアナウンスされておりません。TreeFoamで使っている機能(pyFoamPlotWatcher.pyやFoamCleaCase.pyなど)についてのみ動作確認しており、その他の機能については動作未確認です。

インストールと利用法

詳しくはこちら(日本語と英語の切り替え方法も含む)

マシンイメージなので、DVDにイメージ書き込みすれば、DVDから起動してそのまま利用することができます。 (DEXCS初体験の人はこのライブDVDとして「まずは使ってみる」方法をお薦めします。)

  • 継続利用では起動後にインストール機能により、HDD等に直接インストールできる上、使用するユーザー名等を選択することができます。
  • VMWare Playerや、VirtualBox等の仮想環境で起動して、仮想環境を作成することも簡単です。
  • VirtualBoxにインストールする方法は、書籍「OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析(第2版)」の付録A、または「オープンCAEのためのDEXCS for OpenFOAM ハンドブック」の付録AにDEXCS2020について詳しく記されており、基本は同じですが、setupDEXCS.sh を実行後の再ログイン画面が表示されない場合があります。その場合の対処法についてインストール方法のp.5,7,18,20-22あたりを参考にして下さい。結論的には、「ログアウト」メニューは使えないので、「再起動」メニューを使って下さい、ということです。
  • 共有ファイルの設定方法(インストール方法の39〜42ページ)もDEXCS2020以前と比べてかなり変更されています。
  • 国際化対応のレベルはDEXCS2015に同じ(英語版のみに対応)ですが、日本語⇆英語のベース環境切り替え方法が、DEXCS2015に比べやや煩雑になっています。(インストール方法の8〜13ページ)
  • 一部動作に不具合が確認されています(インストール方法の19ページ)。解決方法が見出だせませんでした。お判りの方、またこれ以外の不具合に気づかれた方はご連絡下さい。
  • FreeCADはDaily最新版(2021/10/9入手)が同梱されていますが、Windows版やMac版と互換性のあるAppImage版も同梱されています。切り替える方法についてはインストール方法メの23ページに、Daily版とAppImage版の機能比較については、24ページに記してあります。
  • FreeCADはDaily最新版は、頻繁に更新されており、ソフトウェア更新は可能ですが、稀に一部の機能不全が生じる可能性もある事を納得した上で実施して下さい。

同梱プログラム

その他のドキュメントについて

  • DEXCSランチャーのヘルプメニュー(上図)を参照下さい。
  • SLURMというリソースマネージャは今回もインストールしてありませんが、下記記事の方法によって追加インストールは可能(のはず)です。
  • JAVA gnuplot GUI の使用方法
    • http://mogura7.zenno.info/~et/wordpress/ocse/?p=747
    • 上記記事で作成したプロジェクトファイルをケースファイルの在所を変えたり、別ケースで転用利用する際に、プロジェクトファイル中に記されているデータ在所(絶対パス名)を適合するツールを同梱しました。
  • 上記適合ツールは、DEXCSランチャーの左図ボタンにて起動します。⇒ 解説ページ
  • または、TreeFoam /十徳ナイフ /「汎用gnuplot-GUI(jgp)起動」メニューでも起動できます。
  • 但し、十徳ナイフ版では、実行時のダイヤログメッセージが日本語ではありません。
  • 更新された上記ツールの使用方法は、はじめてDEXCS2021、P.30-33を参照下さい。近日中に別途作成予定。
  • TreeFoamの基本的な使い方はTreeFoamのヘルプメニューから、「使い方」を参照して下さい。
    TreeFoamに関する情報は、DEXCS公式HPの AboutTreeFoamの記事にまとめてあります。
    DEXCS2021に搭載のTreeFOAMは、+dexcsSwakとして、上記公式ページに掲載ヴァージョンに対して独自のカスタマイズが加えてあります。
Share

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください