CHTマルチリージョン計算用のDEXCS方式テンプレートケースファイル



詳細説明とケースファイル一式は、こちらで公開中。

公開事由

DEXCSのチュートリアルケース(cfMeshLesson/heatSink)では、chtMultiRegion(Simple)Foamで使う事を想定したメッシュ作成用のFreeCADモデルを収録し、メッシュ作成法については「DEXCSにおける推奨メッシュ生成法」(/opt/DEXCS/launcherOpen/doc/howtoCADandMeshing.pdf)の中で説明しているが、これで作成したメッシュをどうやって、chtMultiRegion(Simple)Foamで使うのかについての説明は無い。

わかる人にはわかるはずだが、そうでない人向けに、DEXCS的なやり方(ほとんどGUIだけで操作出来る方法)を公開する事とした。

補足説明

chtMultiRegion(Simple)Foamでの計算において、本来はマルチリージョンメッシュを使うので、マルチリージョンメッシュを作成できないcfMeshでどうやって??というのが普通の感覚であろう。

しかし、「本来は…」と記したが、OpenFOAMの標準チュートリアルではマルチリージョンメッシュを使ってケース作成しているというだけで、実際に動くケースは領域毎に区分されたメッシュを使っている。つまり、マルチリージョンメッシュが最初に有りきでなく、最初から領域毎に区分されたメッシュを使う方法も有りという事である。

なお、冒頭に掲げた図は、最終的に実施したい本番計算イメージを説明したものだが、セットアップの説明資料では、説明を簡単にする為、以下のイメージで説明している点、念の為お断りしておく。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください