DEXCS2019 for OpenFOAM(R) リリースノート

解析シーン毎にTreeFoamのサブセット機能(グリッドエディダ等)を、FreeCADのツールボタンで起動できるようマクロ化してあります。

ダウンロードはこちら(2019/10/16〜)



DEXCS for OpenFOAM(R) は、OpenFOAMと、これをより簡単・高度に活用できるようにする為の様々なツールをすべてインストール済のオール・イン・ワンパッケージで、誰でも(と言ってもCAEに無縁の人は対象外ですが・・・)簡単・即使えるようにしたマシンイメージ(isoファイル)です。

詳しくはこちら

DEXCSランチャーのヘルプメニューからも参照できます

DEXCS2019では、

  • ベースOSはUbuntu-18.04.03 (LTS)
    • DEXCS2017まではMintを採用していましたが、再々度、Ubuntuに復帰しました(GNOMEデスクトップに戻った為)。
  • OpenFOAMやその他の組み込みツールのヴァージョンアップに対応
    • OpenFOAM-v1906
    • cfMesh v1.1.2 。

(cfMeshはOpenFOAM-v1712以降、modules としてOpenFOAM本体に組み込まれています)

  • ここまでは通常の毎年更新作業ですが、今回はDEXCSランチャーを仮想風洞試験という題材はそのままで、GUI操作方法を全く作り変えました
  • pyFoam は、OpenFOAM-v1906への対応はアナウンスされておりません。DEXCSランチャーやTreeFoamで使っている機能(pyFoamPlotWatcher.pyやFoamCleaCase.pyなど)についてのみ動作確認しており、その他の機能については動作未確認です。

インストールと利用法

詳しくはこちら(日本語と英語の切り替え方法も含む)

マシンイメージなので、DVDにイメージ書き込みすれば、DVDから起動してそのまま利用することができます。 (DEXCS初体験の人はこのライブDVDとして「まずは使ってみる」方法をお薦めします。)

  • 継続利用では起動後にインストール機能により、HDD等に直接インストールできる上、使用するユーザー名等を選択することができます。
  • VMWare Playerや、VirtualBox等の仮想環境で起動して、仮想環境を作成することも簡単です。
  • VirtualBoxにインストールする方法は、書籍「OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析」の付録AにDEXCS2015について詳しく記されていますが、基本は同じです。また、DEXCS2011までは、”Guest Additions”が入っておりませんでしたが、DEXCS2016では導入済みなので、共有ファイルの設定など(インストール方法メモの24〜26ページ)も同様に実施可能です。
  • 国際化対応のレベルはDEXCS2015に同じ(英語版のみに対応)ですが、日本語⇆英語のベース環境切り替え方法が、DEXCS2015に比べやや煩雑になっています。(インストール方法メモの8〜13ページ)
  • 一部動作に不具合が確認されています(インストール方法メの18〜19ページ)。解決方法が見出だせませんでした。お判りの方、またこれ以外の不具合に気づかれた方はご連絡下さい。

同梱プログラム

その他のドキュメントについて

  • DEXCSランチャーのヘルプメニュー(上図)を参照下さい。
  • SLURMというリソースマネージャは今回もインストールしてありませんが、下記記事の方法によって追加インストールは可能(のはず)です。
  • JAVA gnuplot GUI の使用方法
    • http://mogura7.zenno.info/~et/wordpress/ocse/?p=747
    • 上記記事で作成したプロジェクトファイルをケースファイルの在所を変えたり、別ケースで転用利用する際に、プロジェクトファイル中に記されているデータ在所(絶対パス名)を適合するツールを同梱しました。
  • 上記適合ツールは、DEXCSランチャーの左図ボタンにて起動します。⇒ 解説ページ
  • または、TreeFoam /十徳ナイフ /「汎用gnuplot-GUI(jgp)起動」メニューでも起動できます。
  • 但し、十徳ナイフ版では、実行時のダイヤログメッセージが日本語ではありません。

  • TreeFoamの基本的な使い方はTreeFoamのヘルプメニューから、「使い方」を参照して下さい。
    TreeFoamに関する情報は、DEXCS公式HPの AboutTreeFoamの記事にまとめてあります。
    DEXCS2019に搭載のTreeFOAMは、+dexcsSwakとして、上記公式ページに掲載ヴァージョンに対して独自のカスタマイズが加えてあります。

苦労譚

  • ParaViewビルド
  • FreeCAD AppImage版
  • FreeCADビルド版
  • リマスター容量の問題
  • /bin/sh の問題
  • VirtualBox Guest Additions
鈴木孝司

3年ほど前から、二層流や自然対流のシミュレーションにDEXSC 2016を利用させて頂いています。
この度、PCの更新にともない、DEXCS2019(http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/download/からダウンロードしてDVD作成)を、CPU=Core i7-9700K, ChipSet=Z390, RAM=DDR4-2666 16GBのPCにインストール(インターネット接続状態で)しようとしましたが、上手くゆきません。具体的な症状としては、
(1) Custom19.04のインストール.shの実行後に、インストール完了の画面が表れて再起動しようとすると、起動画面・電源OFF・起動画面を繰り返す。起動画面には、一瞬だけ以下のように表示されます。
System BootOrder not found. Initializing defaults.
Creating boot entry “Boot0001” with label “ubuntu” for file “\EFI\custom\shimx64.efi”
Restart Sysyem
(2) BIOSを起動してBootOverrideをみたところ、以下のように2項目に分かれています。
> UEFI OS (P0: TOSHIBA DT01ACA100)
> ubuntu (P0: TOSHIBA DT01ACA100)
上記の2番目から起動しようとすると、”GNU GRUB”が起動します。上記の1番目から起動しようとすると、起動画面・電源OFF・起動画面の繰り返しとなります。rootパーティションが壊れているみたい?
念のため、類似の仕様の他のPCにインストールしたり、HDDを交換したり、ネットアダプターを交換したり、(ネット情報に基づき)BIOSで起動順をHDD優先に変更したりしてみましたが、結果は同じでした。
(3) 試しにDEXCS 2018をインストールしてみたら、何の問題も無くできました。
解決策がございましたら、ぜひご教授頂きたく、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

諦めてDEXCS 2018を使おうと思いましたが、DEXCS 2018のParaView 5.5.2は、Windows10のPCからMobaXtermやCygwin/Xで接続して使うことができません。(MIT-SHM拡張の問題でX転送できない。https://scicomp.ethz.ch/wiki/ParaView) PCに仮想環境を導入するのは煩雑ですから、このような問題が起きないParaView 5.6.0が組み込まれたDEXCS 2019に期待しています。

E.Mogura

一番考えられるのは、ダウンロードが不完全であった可能性ですが、MD5ハッシュ値は確認されましたか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください