Remastersys から Relinux

DEXCSで、OSを含めたisoイメージを作成するのに、これまでRemastersys を使用してきましたが、とうとう開発を止めるとアナウンスされてしまいました。1年半ほど前に同じような事態になって、その時は自分を含めて多くのユーザーからの要望(少ないながらもDonationさせていただきました)もあって再開してくれたのですが。しかし、今回はどうにもならないみたいです。

さて、困った・・・ということなんですが、調べてみると代替の仕組みもあるもので、ズバリ

What are the Alternatives For RemasterSys?!

なる記事を見つけることができました。

これによれば、表題のRelinuxもしくは、 Ubuntu Builderが使えそうだ、となって早速試してみた結果、Remastersys の後継として、Relinuxを選択したという次第。

ただ、上の参照先記事は情報が古く、インストール方法や使用方法がよくわからないなどあったので、ここに自分がやった方法を記しておきます。

入手とインストール方法

入手先は、https://launchpad.net/relinux

現在はdebパッケージでダウンロードできるので、ダウンロードしたら、ダブルクリックするだけで、インストールが完了し、システムメニューから起動できるようになる。

範囲を選択_414

 

 

範囲を選択_415範囲を選択_408

 

起動失敗

上記メニューから、すんなり起動できるかと思いきや、

splash_light

一瞬画面が出て、すぐ終わってしまう。こういう時は、コンソールで起動してみる。

範囲を選択_416すると、何やらエラーメッセージがたくさん出てきた。

範囲を選択_417

 

UnicodeDecodeError: ‘ascii’ codec can’t decode byte 0xe3

あたりでググってみると・・・たとえば、こんなページが引っ掛かった。

http://tatsushim.blogspot.jp/2011/09/python-unicodedecodeerror-ascii-codec.html

要するに、デフォルトのエンコーディングがasciiなってるらしいのでそれをutf-8に変えれば良いということらしい。

DEXCS(LinuxMint13)の場合、デフォルトのsite.py は、

/usr/lib/python2.7/site.py

になるので、これを変更する。

範囲を選択_418

 

使用方法

起動に成功すれば、後はボタンを順番に押していくだけ。色々とオプションがあるようですが、よくわかりません。

範囲を選択_409

範囲を選択_410

 

 

範囲を選択_411

範囲を選択_413

作成が完了すると、/home/relinux/ の下にisoイメージファイルと、md5チェックサムファイルが出来ているはずです。

範囲を選択_419

 

作成所要時間は数10分といったところでしょうか。Remastersysの場合とほとんど変わりません。

ライブDVDの起動

作成したisoイメージを使ってライブDVDを起動した際の起動画面は以下のようになります。

範囲を選択_420DEXCS2013 for OpenFOAM(R) にて、まもなく公開です。

 

 

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です